HOME > 複合機メンテナンスとアフターフォロー(保守契約)

メンテナンスとアフターフォロー(保守契約)について

創業40年来の経験と実績。

複合機・コピー機の確かなメンテナンス技術力お客様の“安心”をお守りします。

 

日本全国に広がるジービーエスのメンテナンス網。

 

創業以来、長年にわたり培ってきたメンテナンス技術と信頼のサービスネットワークで、お客様のオフィスをサポート致します。

 

サービスエンジニアとジービーエス独自の管理システムで、いつもお客様に満足頂けるメンテナンスを目指しています。

 

 

 

ジービーエスの自社メンテナンスエリア以外の地域へのメンテナンスに関しましては、メーカー主要サービス拠点からメンテナンスに伺います。

       
    ジービーエス自社メンテナンスエリアの詳細に付きましては、お近くのジービーエスサービスセンター、又はフリーダイヤルへお問合せ下さい。
       
    各サービスセンターをクリックしますと拠点地図、問合せ先ページへ飛びます。

 

 

保守契約(メンテナンス契約)  Q&A

Q. 保守契約(メンテナンス契約)ってなに?
A. 保守契約とは、複合機の出力トラブルなどに対して、サービスマンを派遣して解決(修理)する為の契約の事です。

 

Q. 保守契約(メンテナンス契約)って必ずしないといけないの?
A. コピー機・複合機を常に安定した状態で、お客様に安心してご利用頂けるよう、お客様と弊社(又はメーカー)の間で、保守契約を結んで頂いております。

 

Q. リース契約だけじゃダメなの?
A. 保守契約は、リース契約とは異なります。リース契約の他に保守契約を別途結ばなければメンテナンスやアフターフォロー(保守)は行われません。

 

 

保守契約(メンテナンス契約)の種類について

保守契約は、主に“カウント契約”と“キット契約”の2種類に分かれます。

カウント契約とは

コピー・FAX・プリント出力時、1枚/毎を、1カウントとし、保守料金が課金されるシステムです。


この料金には、ドラム(感光体)とデベロッパー(現像剤)の使用料。またローラーの磨耗による紙送りの不具合や、印刷の不具合(原稿に黒い筋が入る)などの様々なトラブルに対して、サービスマンが出張修理をする費用や、交換部品代も含まれます。

 

備考:ご契約機種によっては、トナー代金もカウンター料に含みサービスさせて頂いております。

カウント契約がオススメ条件

キット契約とは

コピーキットと呼ばれるトナーカートリッジをご購入頂くシステムです。


この料金には、ドラム(感光体)とデベロッパー(現像剤)の使用料。またローラーの磨耗による紙送りの不具合や、印刷の不具合(原稿に黒い筋が入る)などの様々なトラブルに対して、サービスマンが出張修理をする費用や、交換部品代も含まれます。

 

コピーキット(トナー)が無くなりましたら、またご購入頂く事で保守は継続されます。

キット契約がオススメ条件